>

集中力を発揮しやすくなる

社員が集中できるように

他の社員の顔が見えると気になって、集中力が途中で切れてしまう社員が見られます。
そのような時は、パーテーションを設けてください。
パーテーションは設置するだけで壁を作り、部屋を区切ることができる面がメリットです。
特に社員が作業する部屋が広い場合は、パーテーションを置くことをおすすめします。

たくさんパーテーションを置いて、社員1人1人に個室を与えても良いでしょう。
また同じ仕事を進めている社員同士をグループにして、その周りをパーテーションで区切るのも良い方法です。
するとより連帯感が生まれて、効率良く作業しやすくなるでしょう。
パーテーションは意外と役立つ場面が多いので、業者から忘れずにレンタルしてください。

パーテーションのサイズ

おすすめは座った時に、社員の目線になるぐらいの高さのパーテーションです。
具体的な数字は、120センチぐらいが良いでしょう。
それよりも高くなると、社員の目線が完全に隠れます。
すると他人からの視線を遮れる面がメリットですが、外から見ると社員が何をしているのかわからなくなり、不安を抱くというデメリットがあります。

目線ぐらいの高さのパーテーションでも社員のプライバシーを守り、集中力を高めることができます。
また仕事をする部屋に置くなら、白くてシンプルなパーテーションが良いでしょう。
柄があるパーテーションだと圧迫感を抱き、集中できなくなってしまうかもしれません。
また白色なら、どのような雰囲気の部屋にも馴染みます。


この記事をシェアする